「都市のみどり研究会」について
2018.05.07 ブログ

都市のみどりを健全に、育成・創出を考える

「都市のみどり研究会」は、

都市のみどりに関係する業務に長年携わってきた

経験者の有志が集まって結成した会です。

「都市のみどり研究会」は、

”都市のみどりを健全に、育成、創出する”

という原点に立ち返り

真のみどり環境づくりを目指しています。

「都市のみどり研究会」の目的と活動方針

目的都市のみどりに関する情報の共有や交信を進めるとともに、都市のみどりの再生・推進を図ることを目的とする。
活動方針  産官学、市民、それぞれが都市の緑化に問題があることに共通認識を持つようにする。要請があれば技術協力を検討する。
活動内容(1)都市緑化の現状調査
(2)都市緑化及び植栽の提案
(3)都市緑化及び植栽の技術協力及びアドバイス
(4)シンポジューム及び研修会の開催
(5)都市緑化関連の技術書などの出版等
会長藤井英二郎 (千葉大学名誉教授・農学博士)
メンバー所属造園学会、建築学会、緑化工学会、日本庭園学会、日本樹木医会、街路樹診断協会、屋上開発研究会、ヒートアイランド学会、特殊緑化共同研究会、森林インストラクター会、野鳥の会
「都市のみどり研究会」へのお問い合わせは下記までお願いいたします。
都市のみどり研究会事務局:一般社団法人 地域緑花技術普及協会内

お気軽にシェアお願いします。

最近の投稿
【樹木事故】JR博多駅前の広場で高さ13mのケヤキが倒伏(福岡・福岡市)
【地域緑化】人件費等の高騰を受け、学校の高木剪定を用務員が担う取り組み(群馬県・...
【樹木事故】国指定特別名勝「虹の松原」 倒れたマツに自動車が衝突 過去にも死亡事...
【樹木事故】公園の樹木の倒伏 道路通行止め 電線切れ1300戸停電(愛知・名古屋...
【第1回 地域緑花ワークショップ開催のご案内】公共造園遺産の造成工事・オープン当...
カテゴリー