【注意喚起】「サビイロクワカミキリ」による国内初の被害発生(福島県郡山市)
2021.11.07 ブログ
Stage-for-Green
STAGE 編集部

人と緑・花をつなぐコーディネーター
 地域緑花技術普及協会

福島県で中国で「エンジュキラー」として知られる「サビイロクワカミキリ」が、国内で初めて福島県郡山市で見つかったという報道がありました(NHK NEWS WEB、2021年11月2日)。

市内では、イヌエンジュの街路樹で被害が見られており、イヌエンジュの通り8本のうち、7本で被害が確認されていいます。ある通りでは、54本のイヌエンジュの52本に被害が確認されているそうです。

今後の他地域・他樹種での被害拡大が懸念されます。
*サムネイル画像は福島県自然保護課のHPから引用させていただきました。

関連記事

【注意喚起】郡山市の市道で222本の街路樹に「サビイロクワカミキリ」の被害を確認(福島県郡山市)

【注意喚起】栃木でクビアカツヤカミキリの樹木被害1.5倍

【注意喚起】福島県で外来種「ツヤハダゴマダラカミキリ」被害拡大

お気軽にシェアお願いします。

最近の投稿
【講演・講義】日本樹木医会埼玉県支部 研修会
【樹木事故】境内の10mのアカマツ 幹折れ倒伏(宮城県仙台市青葉区)
【地域緑化】住民反対で伐採見合せていた「スタジアム通り」街路樹 区は「説明尽くし...
【樹木事故】沿道の枯木が倒れ車両を直撃(奈良県奈良市)
【講義】樹木と緑化の総合技術講座「都市樹木の点検の実際」
カテゴリー