【ワークショップ】町田市さくらサポーターズ「桜守活動の可能性を探る」
2021.12.27 ブログ
Stage-for-Green
STAGE 編集部

人と緑・花をつなぐコーディネーター
 地域緑花技術普及協会

町田市さくらサポーターズ様よりご依頼いただき、ワークショップを開催いたしました。
まずは協会講師が全国の桜守活動の実例などを紹介し、短い時間でしたが共同作業でメンバーの想いや活動の課題などを洗い出し、桜守活動の可能性について探りました。
そして、さくらサポーターズ様の主な活動場所である尾根緑道でエクスカーション。
尾根緑道は、町田市内にある全長約8kmの緑道で、毎年4月の初めに「町田さくらまつり」が開催されます。
現地を巡り、緑道の状況や緑道の桜の状態を確認しながら、さくらサポーターズの今後の具体的な活動などについて議論をしました。

尾根緑道は、さくらまつりの時期だけではなく、日常的に多くの人たちが利用されている地域の大切な社会資本です。
そこで活動されているさくらサポーターズには、様々な可能性があると思えました。

お気軽にシェアお願いします。

最近の投稿
【講演・講義】日本樹木医会埼玉県支部 研修会
【樹木事故】境内の10mのアカマツ 幹折れ倒伏(宮城県仙台市青葉区)
【地域緑化】住民反対で伐採見合せていた「スタジアム通り」街路樹 区は「説明尽くし...
【樹木事故】沿道の枯木が倒れ車両を直撃(奈良県奈良市)
【講義】樹木と緑化の総合技術講座「都市樹木の点検の実際」
カテゴリー