【地域緑化】青葉通り(仙台市)広場化プロジェクト
2021.06.01 ブログ
Stage-for-Green
STAGE 編集部

人と緑・花をつなぐコーディネーター
 地域緑花技術普及協会

「青葉通り」は、仙台駅前から西へ延びる仙台のメインストリートです。

この青葉通りを一部広場化する構想があります。
仙台市はこの構想の実現に向け、6月1日に地権者や事業者が集まる協議会を発足させました。


協議会では駅前エリアの将来ビジョンなどを話し合い、2022年度に基本方針を策定するといいます。

河北新聞2021年05月31日
”仙台駅前「青葉通広場化」を検討 市と地権者ら、協議会が1日発足”

(https://kahoku.news/articles/20210530khn000017.html)

もともとこの構想は2018年に「青葉通まちづくり協議会」が仙台市に提出した「青葉通まちづくりビジョン」の中で提案されていたものです。

対象のエリアは駅前から約150mの区間。

広場のイメージも、実は2019年に仙台市が作成した「せんだい都心再構築プロジェクト」の資料の中で既に示されていました。

イメージ図では、片側4車線の青葉通りの一部が緑地化され、通りのケヤキ並木を取り込んでいます。
テラス席やキッチンカーが出て、多くの人たちでにぎわっているのが見えますね。

楽しみなプロジェクトがいよいよ動き出しました。
動向に注目したいと思います。

お気軽にシェアお願いします。

最近の投稿
【講演・講義】日本樹木医会埼玉県支部 研修会
【樹木事故】境内の10mのアカマツ 幹折れ倒伏(宮城県仙台市青葉区)
【地域緑化】住民反対で伐採見合せていた「スタジアム通り」街路樹 区は「説明尽くし...
【樹木事故】沿道の枯木が倒れ車両を直撃(奈良県奈良市)
【講義】樹木と緑化の総合技術講座「都市樹木の点検の実際」
カテゴリー