弘前公園桜守の勇退(青森県弘前市)
2022.03.31 ブログ
Stage-for-Green
STAGE 編集部

人と緑・花をつなぐコーディネーター
 地域緑花技術普及協会

弘前公園の桜守で樹木医の小林勝さん(68)が3月で勇退されることが報道されました(陸奥新報2022/3/26「弘前公園桜守の小林さん退職」)。

一公園職員の退職が記事になることはとても珍しいことです。

勝さんの兄の範士さんはリンゴの剪定技術をサクラに応用し「弘前方式」の管理手法を確立したことで有名。

勝さんは2004年から弘前市公園緑地課に着任し、約2600本のサクラを管理してきました。

2014年には2名の職員が加わったチーム桜守が発足し、勝さんの技術が後輩へと伝えられていました。

25日の開花予想が勝さんの桜守としての最後の仕事となりました。

4月からは「弘前市みどりの協会」の相談員として、弘前公園の植物を見守り続けます。

【樹木医】とは…
樹木の調査・研究、診断・治療などを通して、樹木の保護・育成や、落枝や倒木等による人的・物損被害の抑制、樹木に関する知識の普及・指導などを行う専門家です。

樹木医の資格は一般財団法人日本緑化センターが実施する試験に合格する必要があります。
合格率は20%の難関。

*この記事は、陸奥新報2022/3/26「弘前公園桜守の小林さん退職」の報道をもとに作成しました。

関連記事

朝日新聞「凄腕しごとにん」に樹木医の坂本博明さんが登場

お気軽にシェアお願いします。

最近の投稿
【樹木事故】JR博多駅前の広場で高さ13mのケヤキが倒伏(福岡・福岡市)
【地域緑化】人件費等の高騰を受け、学校の高木剪定を用務員が担う取り組み(群馬県・...
【樹木事故】国指定特別名勝「虹の松原」 倒れたマツに自動車が衝突 過去にも死亡事...
【樹木事故】公園の樹木の倒伏 道路通行止め 電線切れ1300戸停電(愛知・名古屋...
【第1回 地域緑花ワークショップ開催のご案内】公共造園遺産の造成工事・オープン当...
カテゴリー