【注意喚起】郡山市の市道で222本の街路樹に「サビイロクワカミキリ」の被害を確認(福島県郡山市)
2022.05.18 ブログ
Stage-for-Green
STAGE 編集部

人と緑・花をつなぐコーディネーター
 地域緑花技術普及協会

郡山の街路樹222本、外来虫の被害確認 増加傾向、調査を継続

福島民友新聞2022年5月17日
郡山市の市道で、222本の街路樹に外来種のカミキリムシ「サビイロクワカミキリ」(*)の被害が確認されました。
*サビイロクワカミキリ:体長約30㎜-40㎜。体色は全体がサビ色で、白い斑点がある。上翅基部(胸部に近い翅の部分)には粒状の突起がある。幼虫は侵入した樹木の内部を食害し、樹木の枯死や倒木被害の原因となる。成虫は樹皮に卵を産んでマウンド状の産卵痕を作るのが特徴。原産地は中国やインドなど。中国では「エンジュキラー」と呼ばれている。
市は昨年から今年初めにかけて、街路樹のエンジュとイヌエンジュ、合計787本の被害を調査していました。

被害が確認された街路樹は全て伐採され、焼却されましたということです。

被害本数は増加傾向にあるため、市は今後も被害調査を続けるといいます。

郡山市では、昨年、国内で初めて「サビイロクワカミキリ」が発見されていました。 
*サムネイル画像は福島県自然保護課のHPから引用させていただきました。

関連記事

【注意喚起】「サビイロクワカミキリ」による国内初の被害発生(福島県郡山市)

【注意喚起】栃木でクビアカツヤカミキリの樹木被害1.5倍

【注意喚起】福島県で外来種「ツヤハダゴマダラカミキリ」被害拡大

お気軽にシェアお願いします。

最近の投稿
【講演・講義】日本樹木医会埼玉県支部 研修会
【樹木事故】境内の10mのアカマツ 幹折れ倒伏(宮城県仙台市青葉区)
【地域緑化】住民反対で伐採見合せていた「スタジアム通り」街路樹 区は「説明尽くし...
【樹木事故】沿道の枯木が倒れ車両を直撃(奈良県奈良市)
【講義】樹木と緑化の総合技術講座「都市樹木の点検の実際」
カテゴリー